ホーム > 空気鉄砲おもちゃ > 空気鉄砲の思い出

空気鉄砲の思い出

空気鉄砲の思い出

空気鉄砲工作と言うと、結構面白くて
色々と工夫して工作して作ったという人も
多いのでは無いだろうか。
最近では、ホームセンターなどで
アクリルパイプを売っているので
適当な長さに切って、
取っ手をつけた押し棒さえ作れば、
結構簡単に作れてしまう。
押し棒になりそうな素材も売っている。
弾になる部分は、
学校の教材ではウレタンなどを使ったモノが多いけれど、
直径の小さいパイプならば、
水に濡らしたティッシュペーパーを使うのも良いだろう。
コレは簡単に作れる他にも、
うまい具合の堅さにすれば、堅い標的にぶつかった時に、
弾の方が潰れて、ちよっと格好いい感じになる。
本当に弾がめり込んだようになるので、楽しいのだ。
コレにあじをしめて、ボールペンの胴体のパイプの部分に
濡れたティッシュペーパーを詰めて弾にして
空気鉄砲にして、作った戦車のプラモデルに向けて発射したことがある。
見事に、テッシュの弾が戦車にめり込んで、
随分かっこよくなったのを覚えている。